FC2ブログ

台湾・花蓮な小話(5)~最終日の巻~

夫婦で弾丸一泊二日台湾は花蓮の旅。
一泊二日なので歩いて見たエリアは本当に小さ
くて些細な旅でしたが、居心地と沢山の親切に
かなりありつけた旅でした。
 

実はこの旅の空港チケットを取って直ぐ
身内の不意な入院が続いて正直行けるか
どうかあぐねていたのですが急に物事が
上手くいきワタシにとってかなり神がかり
的で更に現地では本当に気持ちよく過ごせ
たので最高のリフレッシュになりました。
勿論その国や土地の雰囲気も在るのは当然
ですが何より「人」がたまらなかったので
この最終動画にあたって名も知らぬ「人」
を思い出してみようと思います。
 まずはホテルを出て早々に大同市場を通ると
お粥と線麺の出店があり朝ご飯を食べてきた
ものの、その地元のならではの雰囲気と香り
に惹かれてついお粥を一杯注文したのですが
「美味しい」と行って食べているとお店の
女性がもう一品の線麺を「美味しい」と笑顔
で持ってきました‼︎
文字だけで書くと押し売り的に感じるかも
しれませんが彼女は元から追加の料金を取る
気はなく純粋に、美味しいそうに食べている
観光客にこれも美味しいよと振舞ってくれて
お腹も暖かいけど気持ちも暖かくなったのは
言うまでもありませんでした。
また、我々家族が台湾を家族旅行に選ぶ
理由の1つに食べ物のシェアがあります。
日本では食堂やレストランでは一人一食一杯
ですが台湾の屋台や軽めの食堂では一杯を
分けるのはごく当たり前の感じで頼まずとも
一杯にプスチックのレンゲが人数分刺さって
いるのは良く在る事で、これが本当に自然で
なんだか天晴れなのです。
だって知らない食べ物ならよりあれもこれも
食べたいし、親なら子に分けてあげたいっっ
そんな気持ちが初めから解決されているのです
 でもってサッと食べたらサッと出る。
お店が暇な以外はお客さんも長居はせず
お店、お客さん同等に「在る」感じが
ワタシはとっても好きなのです。
何というかサービスすぎないサービスが
個人店が多かった昭和に近いせいかも
しれませんが… そんな嬉しい線麺の心使いを受けた後
ケニチさんの前日の心残り周家の小籠包
無事ゲットし汗の水分補給に仙草ドリンク
を頂きましたが、この2軒でも素敵な笑顔
を貰い気持ちよかったです。
かき氷屋さんでもお互い言葉が出来ないけど
とにかく一生懸命注文を聞いてくれて
当たり前の事なのですが、とにかく柔らかい。
「人」が柔らかい感じでした。 また、花蓮を選んだ理由には若い方の誘致
積極的にこの地で商売をされる方を応援
している記事を読んだのがきっかけでした
正に住んでいる方々が前向きで爽やかでした お店にも色々個性が出ている所も多く
居酒屋らしきお店では大魚の三枚下ろしが
誇らしげに青空の下目立っていました
もう一泊あったら絶対行きたい場所です。また、個人的に懐かしいのはコーヒー店。
…のドリップ。
平成に入ってからカフェマシーンが主流に
なってサイフォン、ドリップ店が激減しまし
たがここ数年で台湾ではドリップを基本に
珈琲を淹れるお店が多くなって花蓮でも屋台
のお店で淹れてもらいましたが神経を集中し
姿勢を正しながらドリップするその姿は
とにかく珈琲を美味しくさせてくれました。
  

なんとも時間のない中あれやこれや歩いた
ので電車の時間にギリギリでしたがタクシー
の運転手さんまでも時間を気にして動いてくれ
大人になったはずのケニチさんとワタシを
子供同等に親切に接してくれるのには本当に
ありがたかったです。
野暮ったい言い方かもしれませんが「情」に
ふれた良い旅だった気がします。
すぐにとはいきませんが、また是非行きたい
場所になりましたよ。



☆花蓮へは
  電車・バス・飛行機が主なアクセスです。
☆現地ではタクシーや
  レンタルバイク・車・自転車などが便利。
☆移動手段が言葉を使えないと限られるの
   で歩きやすい靴や服装がマストかと…

プロフィール

めがら屋

Author:めがら屋
時間貧乏&人生翻弄な一般人。

日常にちょっと気分の切り替えで
「楽しく生きよう」・・・を
目的にブログ開局。

めがら屋的日常・家族・旅行
youtubeその他諸々ランダム記事と
動画をUP。

どうぞ宜しくお願いします。

フリーエリア

フリーエリア

いらっしゃいませ

FC2アフィリエイト

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

QRコード

QR